有村文章塾とは

 

634172C8-4015-4C0B-96AA-C89A9B3FE4D7.jpeg

学生の読書感想文、就活生のES、社会人の実践的な文章など、人生のあらゆる場面で必要な文章。

しかし、その文章の基礎力を鍛える場はそう多くありません。

有村文章塾は、集団講義や個人添削を通じて、偏りがちな文章表現の幅を広げ、伝わりやすく的確な書き方を基礎から伝える全世代型の「書き」の寺子屋を目指しています。

【企業との提携】
・j.union株式会社(外部講師として)
 ➡パナソニックコンシューマーマーケティング労働組合中部支部
  セゾン自動車火災保険労働組合
  NTT労働組合コミュニケーションズ本部

・株式会社ビジネスナビゲーター
 ➡佐賀市観光協会
  佐賀県商工会連合会

・国のジョブカード作成セミナー(福岡佐賀キャリア形成サポートセンター)
 ➡中村学園大学
  学校法人Adachi学園専門学校九州ビジュアルアーツ
   CG学科・俳優声優学科・マスコミ出版・芸能学科

*福岡・東京での社会人向け定期文章塾開催

*文章作成を通した自己分析・就職活動エントリーシート添削・面接対策、就職活動関係講座 

【国家資格キャリアコンサルタント資格所持】

(2014~西南学院大学で就活講座・個別面談、2019年〜北九州市立大学で講座、ほかにも中村学園大学、九州ビジュアルアーツ専門学校など)

*企業・大学での出張文章講座

(株式会社フェローズ、男女平等推進センターアスカーラ、GMOペパボ、九州大学、株式会社アヴァンティ、築上町役場、佐賀市観光協会など)

*各種作文・小論文添削指導

*芸能系の文章表現指導

(鎌滝えり、緑川大陸[俳優]、佐藤克彦[声楽]【敬称略】)

49FF9ACB-E9B7-4DA4-B912-2032F21DACBF.jpeg

 

【代表: 有村千裕 ありむら・ちひろ】

 

  

福岡出身。福岡県立修猷館高校、九州大学法学部卒。

 9歳のころから、自身の文章の推敲をはじめる。読書感想文では必ず5〜10回自分で添削を繰り返し文章を完成させていた。幼い時から家で家族新聞を発行、高校では新聞部に一時所属。高校3年で記者を志して、大学を選ぶ。大学では、予備校の小論文添削をアルバイトにしていた。

2008年から読売新聞西部本社で念願の記者として勤務。2011年に大分支局時代の取材を元に講談社から「あっこと僕らが生きた夏」を出版した。翌2012年に同作が土曜スペシャルドラマに。出版社などでの勤務を経て、文章を書く仕事の評価を高めるため、2014年に「有村文章塾」を始める。以後西南学院大などで継続的に就職活動の文章添削や講座を行う。

社会人向け講座は月1回コンスタントに行いながら、企業の研修や、医師などの論文の添削、経営者の文章コンサルも務め2018年からは、福岡県小郡市経営戦略懇談会委員に。

2019年9月国家資格キャリアコンサルタント取得。西南学院大学非常勤講師。