最近の活動

2018 / 07 / 27  15:42

昨年夏の思い出

C50EC30D-D006-4407-810C-93392228A1E8.jpeg

一昨年、昨年と、2年つづけて福岡県の高校の保健委員さんたちが集まる「福岡県高等学校保健会」の夏季研修に、講師として参加しています。昨年分の写真と感想が届いたので、改めて掲載します。

2年とも、保健だよりの作り方についての講義をして、

昨年は、冒頭の全体に向けた講話として「伝えるということ」として、私が著書「あっこと僕らが生きた夏」で書いた大崎燿子(おおさきあきこ)さんの話をしました。

あっこちゃんのことを人前で話すのは、本当に久しぶりのことだったのですが、皆さんの感想を読んで、若い青春真っ只中の彼らに、何か伝わるものがあったことを、心から嬉しく思いました。

 

命の大切さ、伝えることのたいせつさ。これからも繋いでいきたいことです。